転職適齢期をむかえたら。アラフォーからの転職指南

アラフォーの転職適齢期は転職に適切な時期なのか

漠然とした理由で転職したいと考える時期は長いサラリーマン生活の中には何度かあるでしょう。
40歳を迎える頃であれば、役職者として社内でもそれなりのポジションについている者も少なくありません。この年代での転職は他の世代から比べれば大冒険のようにも見られます。とはいえ社会人としての経験値は限りなく高いとも言えます。どのような転職先が良いかを考えてみましょう。

今の会社にしがみつく?

既婚のアラフォーともなると転職はかなりのリスクを伴ないます。当然ながら現在の会社でなるべく平穏無事に波風を立てないようにやり過ごすのも一つの作戦かもしれません。しかし、終身雇用制度はとっくに過去の遺産となっています。また、もう少し上の世代であれば逃げ切り可能な世代とも言われ、会社にしがみついたまま定年を迎えることも出来たでしょうがこの世代は違います。

いわゆる氷河期世代

この世代はいわゆる氷河期世代と言われています。上はバブルでドン詰まり、下はゆとり世代。などと世代間格差のせいにはいつまでもしていられません。同世代でも出世する人やステップアップしている人はいます。この世代には他には無い難しい就職活動からリーマンショック、ライブドアショックなどの荒波を乗り越えてきた経験があります。その強靭な精神力は転職市場においても効果を発するものでしょう。

アラフォーが持つべきスキル

アラフォー世代の強みは逆境に強い精神力と多くの経験値でしょう。昨今のIT企業などは30代が中心世代です。逆に言えばまだ経験値として足りないものがあるわけです。その経験を後輩メンバーに伝えていける力があれば、リーダー、部長クラスでの転職も難しくはありません。
最近ではコーチング、モチベーション管理、マネージメント理論などチームを率いて成果を出すための理論が多く書籍化されています。これらの知識はどのような職種であろうとどんなことなのかぐらいは知っておいた方がよいでしょう。

まとめ

アラフォーだからといって転職が難しかったというのは過去の幻想かもしれません。現に転職出来ている人は多くいます。ただし、あなたがその年代でも会社に受け入れられるだけのスキルを備えているかがカギになります。足元をしっかり見つめてステップアップを目指してください。